Add to Google My Yahoo!に追加

祇園精舎の鐘の声

祇園精舎 (ぎおんしょうじゃ) の鐘 (かね) の声、諸行無常 (しょぎゃうむじゃう) の響きあり。

→ 祇園精舎の鐘の音 (無常堂の、鳴り渡る鐘の音) には、諸行無常 (万物は皆、たえまなく、変化し、移り変わること) の響きがある。
 
沙羅双樹 (しゃらさうじゅ) の花の色、盛者必衰 (じゃうしゃひっすい) の理 (ことわり) をあらはす。


→ 沙羅双樹の花の色 (釈迦が亡くなられたとき、白色に変わったといわれている) 盛者必衰 (どんなに勢い盛んなものでも、必ず衰える) の道理を示している(ように感じられる)。

おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。


→ (これらの鐘の音や、花の色と同じように)栄華権勢におごり高ぶっている者も、(その地位高き時代は) 長く続くことがなく、まさに (短くはかない) 春の夜の夢のようである。
  

たけき者もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵 (ちり)  に同じ。
   

→ 勢い盛んな者も、結局は滅びてしまう、まるで (たちまち吹き飛ばされてしまう) 風の前の塵と同じようなものである。


遠く異朝 (いてう) をとぶらへば、秦の趙高 (てうかう) 、漢の王奔 (わうまう) 、梁 (りゃう) の朱 (しゅい) 、 唐の禄山 (ろくさん) 、これらは皆 旧主先皇 (きうしゅせんくわう) の政 (まつりごと) にも従はず、楽しみをきはめ、諫め (いさめ) をも思ひ入れず、天下の乱れんことを悟らずして、民間の憂ふるところを知らざりしかば、久しからずして、亡じ (ぼうじ) にし者どもなり。


→ 遠く外国にその例を探してみると、秦の趙高、漢の王奔 、梁の朱い、 唐の禄山 (など) これら(の人々)は皆、もとの主君や皇帝の政治(を尊重もせず)に従うこともせず、楽しみ尽くして、忠告も深く考えることもなく、世の中が乱れていくことに気づきもせず、人民が嘆き悲しんでいることを知らなかったので、(権勢が盛んであってもその勢いは)長く続くこともなく、滅びてしまった者どもである。  

近く本朝 (ほんてう) をうかがふに、 承平 (しょうへい) の将門 (まさかど) 、天慶 (てんぎゃう) の純友 (すみとも) 、康和 (かうわ) の義親 (ぎしん) 、平治 (へいぢ) の信頼 (のぶより) 、おごれる心もたけきことも、皆とりどりにこそありしかども、ま近くは、六波羅 (ろくはら) の入道前太政大臣平朝臣清盛公 (にふだうさきのだいじゃうだいじんたひらのあつそんきよもりこう) と申しし人のありさま、伝へ承るこそこころも詞 (ことば) も及ばれね。 


→ 近くわが国(の例)を調べてみると、 承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼 (らがおり)、おごり高ぶる心も、勢いの盛んなことも、それぞれ尋常ではなかったが、つい最近の例では、六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申し上げた人のありさまは、(人から) 伝えうかがうことこそ、心も言葉も、どうにも及ぶことができない (ほど人並み外れたものであった)。

その先祖を尋ぬれば、桓武 (くわんむ) 天皇第五の皇子 (わうじ) 、一品  式部卿葛原親王九代 (いっぽん しきぶのきゃう かづらはらのしんわう くだい) の後胤 (こういん) 、讃岐守正盛 (さぬきのかみ まさもり) が孫 (そん)、刑部卿 (ぎゃうぶきゃう) 忠盛朝臣 (ただもりのあつそん) の嫡男 (ちゃくなん) なり。

→ その(清盛公の) 先祖を調べてみると、桓武天皇の第五皇子の一品式部卿葛原親王の九代目の子孫である讃岐守正盛の孫であり、刑部卿忠盛朝臣の長男である。


かの親王 (しんわう) の御子高見王 (みこたかみのわう) 、無官無位にして失せたまひぬ。

→ その葛原親王の御子、高見王は、官職も官位もないままお亡くなりになった。

その御子高望王の時、初めて平 (たひら) の姓を賜はって、上総介 (かづさのすけ) になりたまひしより、たちまちに王氏 (わうし) を出 (い) でて人臣 (じんしん) に連なる。

→ その御子、高望王のとき、初めて平の姓(苗字)を(朝廷から)いただいて、上総介におなりになってから、急に皇族の御身分を離れて臣下の列に加わったのである。


その子  鎮守府将軍良望 (ちんじゅふのしゃうぐんよしもち) 、のちには国香 (くにか) と改む。

→ その子、鎮守府将軍良望は、後に(名を)国香と改めた。

国香より正盛に至るまで、六代は諸国の受領 (じゅりゃう) たりしかども、殿上 (てんじゃう) の仙籍 (せんせき) をばいまだ許されず。

→ 国香から正盛にいたるまでの六代は、諸国の国守であったけれども、殿上人と
して昇殿することはまだ許されてなかった。



*********** このページの古典単語 ************


・ 祇園精舎 = 紀元前5世紀ごろ、インド中部の舎衛国(しゃえいこく)にあった寺。
(祇園精舎のなかには、病僧の入る無常堂があり、その四壁には人生無常の相が書いてあり、また四隅にある鐘は、病僧が亡くなるとひとりでに鳴り出し、一切の万物はとどまることがないことを説き、病僧が成仏したと言われている。)

・ 精舎 = 修業者のいる僧房。
           
・ 諸行 = 過去、現在、未来にわたる一切の万物の現象

・ 紗羅 = インド産の木で高さ約30メートル、淡黄色の小花を咲かせる。
(釈迦が入滅されたとき、その床の四方に2本ずつ合計8本の紗羅樹があり、東西の樹、南北の樹がそれぞれ合わさってひとつとなり、釈迦の体を覆い、白い花を開き、まもなく枯れたといわれる。)


・ 驕る(おごる) = 権勢をおごってわがままにふるまう

・ ぬ = 完了の助動詞「ぬ」の終止形

・ ただ = まったく、実に

・ 猛き(たけき) = 勢い盛んな

・ これらの「ら」 = 接頭辞で「たち」より卑しめる言い方

・ 一品(いっぽん) = 親王の位。1〜5品まである。

・ 式部卿(しきぶのきゃう) = 式部省(宮中の儀式、選任、叙任などを司る)の長官。

・ 後胤(こういん) = 子孫

・ 讃岐守(さぬきのかみ) = 現在の香川県の国司(地方官の最上位)

・ 刑部卿 = 刑部省(刑罰、訴訟を司る)の長官

・ 忠盛朝臣(ただもりあっそん) = 九州地方の海=西海(さいかい)の海賊の追捕や、得長寿院建立などの功績により、平氏として初めての昇殿を許された人

・ 賜はる = いただく (「受く、もらう」の謙譲語)
         賜はりて → ”促音便” 賜はつて 
          
・ 鎮守府 = 陸奥、出羽(現在の青森、岩手、山形、秋田)の蝦夷(えぞ)
を防ぐため置かれた役所

・ 殿上の仙籍 = 殿上の間への出入りを許された殿上人の姓名を記した名札。「御簡(みふだ)」「日給の簡(ひだまひのふだ)」とも。

・ 仙籍 = 殿上の簡

・ 殿上人 =4位、5位、6位の蔵人


*****************************************


※ ruff ruff よりコメント


日本人なら誰でも聞いたことのある、この出だし。
諸行無常なんて、寂しいですね。
しかし、平家一門の滅亡の様を描く『平家物語』は、基本が無常観であります。
すべての物は移ろい変わり、とどまらない、ということです。

そう言われると、何か必死でずっと変わらないものを探したくなるのは私だけでしょうか!?
例えば、永遠の愛とか。。。

まあしかし、この諸行無常の考え方は、仏教に根ざしていますから、その価値観はそれで置いておいて、次を読み進めてみることにしましょう♪

おごり高ぶったり、卑しい心で権勢を振りかざしていれば、そりゃ罰があたって、滅亡も早くやってくるでしょうからね。

私たちもうっかりそんなことにならないよう、周りに迷惑をかけたり、嫌な思いをさせないよう、常に自戒の心を持って、気をつけて生活しましょうね!

しかし、12世紀当時の車も電気もない時代に、もうこんなに統治が進んでいたなんて、すごいですよね!
海賊やエスキモーとも戦ったりなんかもして、結構大変だったのですね!

やはり古人は偉大ですね〜☆


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。